吉田康弘が教える!究極のサッカーパス上達理論2つのポイント

pass

詳細はこちらをクリック

サッカーの試合で、相手チームの選手に簡単にボールを取られてしまう
いった問題を抱えていませんか?

マークについた相手チームの選手からプレッシャーを受けると、ボールを
簡単に手放してしまったり、パスをしようとしても、相手チームにカット
されるといった結果に終わっていませんか?

また、足が遅いので、簡単に相手チームのディフェンスに追いつかれて、
ボールを奪われたり、ドリブルやパスなどのミスが多くて困っているかも
しれません。

そこで、鹿島アントラーズにや清水エスパルス、サンフレッチェ広島やFC
岐阜などに所属していた経験を持つ元サッカー選手で、現在はJFLチームの
横河武蔵野FC監督の吉田康弘さんは、練習内容で大きく変わるといいます。

単に、ドリブルやパスなどといった基本的な反復練習を繰り返していても
基礎練習の目的を明確にせずにウォーミングアップの延長のような雰囲気
で続けていても上達することはありません。

その一方で、基礎からやり直せと言わんばかりに、ひたすら反復練習のみ
繰り返す
という人もいますが、その練習内容が実戦に直結した基礎練習で
あるのかチェックする必要があります。

試合で通用しない「基礎練習」のような練習をしているケースが多いから
だと、吉田さんは警告しています。

パスの練習をする時に「止める」と「蹴る」の2段階にわけて、練習して
いませんか?

個々のプレイをしっかりと仕上げることによって、トータルでの仕上がり
も改善されると思っているかもしれませんが、実際には「止めた」時点で
ボールを相手チームのディフェンスに奪われるだけです。

連続した動きが求められる試合の中で、いったんボールを止めてボールを
蹴る余裕がないシーンがほとんどです。

要するに、試合ではまったく通用しません。

試合でディフェンスにボールを取られないようにするためには、当たり前
のことですが、これを「1つのプレー」で行う必要があります。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ