【古武術バスケ オフェンス編】限られた練習時間で合理的にバスケットボールを上達!

offense

詳細はこちらをクリック

バスケットボールに限らず、スポーツ強豪校の多くは、全国各地の優秀な
生徒を「留学生」や「特待生」「奨学生」などという名目で、言葉は悪い
ですが、札束で頬を叩いて、かき集めているというのが実態です。

特に「文武両道」を標榜する私立校などでは顕著にみられる傾向であり、
文武両道というイメージからは程遠い、スポーツクラスと優等生クラスの
両輪で知名度を上げるという学校経営をしているわけです。

スポーツクラスの生徒は学力は底辺レベル、優等生クラスのスポーツ能力
は、一部を除けば、平均かそれ以下というのが一般的です。

このため、このような札束商法が行えない学校では、ロクな生徒がいない
といえば言い過ぎですが、バスケットボールで卓越したスキルや体格など
を持つ選手がいないことも珍しくありません。

前述のスポーツクラスでは、学校に時間割なども体育系科目が中心であり
部活動の時間も非常に長く確保されていることが珍しくありません。

整った練習環境や優秀な指導者も雇っていますし、練習試合の機会も多い
ことから、非常に恵まれた環境にあると言えるでしょう。

その一方、それ以外の学校では、このような極端なスポーツシフトを組む
ことは不可能ですし、部活動にしても、運動場の利用制限や時間制限など
がある上に、全く競技経験のない先生が指導者になることも決して珍しく
ありません。

このような非常に不利な状況であっても、バスケットボールを上達できる
練習法を「その他の学校」のバスケットボール監督である金田伸夫さんが
考案しました。

金田伸夫さん自身は、バスケット界のエリートコースで活躍した、有名な
シューターという優秀なバスケットボール選手だったわけですが、指導者
として、平凡以下の選手を強化する必要が生じたことに眩暈がした
といい
ます。

しかし、バスケットボールと古武術とを融合することによって「ノーモー
ションパス」や「消えるドライブ」といった新たな武器を手に入れること
ができた
のです。

基本的な動作は、1ヶ月もあれば手に入れることができるという即効性も
短期間でチーム力を強化するのに効果的です。

現在主流のアーリーオフェンスに取り込めば、非常に効果的なオフェンス
ができることは間違いありません。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ