【保育士試験科目別リベンジセット保育の心理学】頻出事項を抑えていけば合格!

h-sinri

詳細はこちらをクリック

保育士試験の「保育の心理学」の科目がスタートしましたが、旧試験区分の
発達心理学と精神保健の両科目の頻出事項をおさえていけば科目合格できる
レベルだった
と資格学校などでは分析しています。

もちろん、出題数が「発達心理学」から倍増したことから、従来より幅広い
知識が求められるようになりましたが、奇問難問が出題されたというわけで
はなく頻出事項を中心に幅広く出題されたことから、難易度が特に上昇した
という印象はありませんでした。

しかし、次回以降の試験から難易度が向上する可能性がありますので、次回
の保育士試験で確実に合格するためにも、今回までに出題されなかった範囲
においても勉強しておく必要があります。

とはいえ、やみくもに知識を増やしていったところで、学習効率が悪いこと
は言うまでもありません。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「保育の心理学」です。

過去問や頻出事項を踏まえた上で、過去問で出題のない人物・用語で重要な
ものも織り交ぜて、効率良く学習できるように教材が構成されています。

旧試験区分の「発達心理学」と「精神保健」の頻出事項を中心に、手広く、
詳しく学習した上で問題演習を重ねることによって合格ラインを上回ること
も難しくありません。

保育士試験科目別リベンジセット「保育の心理学」では、不明点や疑問点が
あればメールサポートが受けられますから安心です。

【文章の続きを読む】

お知らせ

他の科目のリベンジセットは、以下のリンクからどうぞ。

⇒社会的養護
⇒こどもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、保育所保育指針のマスターに特化した特別講座も用意されています。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

一問一答形式の補助教材も用意されています。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ