【ゴルフ飛ばしの秘訣】効率の良いインパクトで飛距離は1時間で伸ばせる!

tobasi

>>公開は終了しました<<

ゴルフは単に遠くに飛ばせばいいというものではありません。

しかし、遠くにまで飛ばせるという実力があって、コース見合いでフェア
ウェイをキープすることを重視して短めに刻むのと、実力の限界まで毎回
飛距離を伸ばすのと、どちらも同じ距離まで飛ばすのであれば、どちらが
良いかはいうまでもないでしょう。

余裕があるほうが、正確なコントロールができるようになるわけですから
遠くまで飛ばせる実力があったほうがいいことは間違いありません。

スコアアップを考えるのであれば、飛距離なんて気にするほうが間違って
いると、ゴルフ工房クラフトマンの倉木真二さんは考えていたわけですが
やはり飛距離も重要だと考えるようになったといいます。

それでは、どうすれば飛距離を伸ばせるのでしょうか?

力任せに大振りしても、それほど飛距離は伸びません。
それどころか、ボールコントロールが全くと言っていいほどできなくなり
ますから、特にドライバーで大振りなどというのは、ラフやOBに打ち込む
ようなものだといえるでしょう。

もちろん、筋トレに熱心に取り組んだとしても、あまり飛距離は伸びない
ものです。

それよりも、効率の良いインパクトを身につけるほうが効果的と倉木さん
は言います。

本物の効率的なインパクトを知ることで、倉木さんの場合はわずか1時間で
20ヤードも飛距離が伸びた
といいます。

当然ですが、1時間程度でヘッドスピードが劇的に上がるわけがありません
から、インパクトを改善することによる効果は即効性が期待できるという
わけです。

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ