【英検1級一次試験攻略法】圧倒的な英語力や努力よりも必要なのは対策法

eiken1

詳細はこちらをクリック

英検1級は、さまざま存在する英語の資格の中でも非常に難易度が高い事が
知られています。

TOEICで満点を取れるレベルでなければ英検1級は合格しないといった話も
聞いたことがあるかもしれません。

しかし、高い英語力が必要といわれる英検1級ですが、どのように試験対策
をすればいいのか、具体的にわかっている人は意外に少ない
のです。

語学試験ですから、資格試験のように頻出事項などが決め打ちでわかるわけ
ではありませんが、出題傾向や試験問題の解き方といったテクニックなども
ほとんど知られていません。

「英検1級試験のトリック」に気付いている人が少ないからこそ、1次試験を
見ても合格率が10%程度と低い
というのは、ルイス遠藤智美さんです。

ルイス遠藤智美さんは、チェルシーイングリッシュスクールという英語教室
の代表であり、企業研修や大学、語学学校などで講師を務めている、英語の
エキスパートです。

遠藤さんの生徒を見ても、英語力はあるのに英検1級に合格できないという
人が多く、その原因は「英検1級試験のトリック」から抜け出せないからだ
というのです。

英検1級の合格者を見ると、海外生活経験者(帰国子女等)の合格率が高い
ことに気付くかもしれません。

つまり、ネイティブの英語を身につけていれば合格しやすいと考えがちです
が、詳しく調べていくと状況が異なることがわかるでしょう。

たとえば、文章を読む速さの違いです。

アメリカのニュースを見ればわかるように、画面の下には四六時中、文章が
結構なスピードで流れています。

その文章では、最新ニュースやスポーツ、天気などの情報を流しています。

日本では忘れたころにアメリカの字幕を真似して一番下に最新ニュースなど
流し続けるニュース番組が出てきますが、目がチカチカするなどという具合
に視聴者からは不評で、半年もすれば字幕ごとなくなります。

しかし、アメリカでは消えるどころか、どこのテレビ局でも同じように流し
ており、日常的に読み取るスピードの速さがわかるというものでしょう。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ