失効者向け!運転免許一発技能試験必勝合格マニュアル

1patu

詳細はこちらをクリック

ロードレーサーなど、限られた敷地内で車を運転したという経験はあっても
通常の自動車免許は持っていないというケースは意外に多いのです。

バイクレーサーでも、鈴鹿や筑波などのコースでは何時間も走り続けている
が、公道を走るのに必要な二輪運転免許は持っていないという人がいますの
で、特に珍しい話ではありません。

そういった一般的な乗用車とは異なる車だったとしても、運転経験のある人
が免許センターで技能試験を受験するというのは、まだ理解できるとしても
全く自動車の運転経験がない人が技能試験を受けるのは無謀すぎます。

AT車の受験でも、合格率は0%にきわめて近いのではないでしょうか?

合宿形式だと割安に済ませられますので、ふつうに教習所に通って免許取得
を目指したほうが無難です。

その一方、交通違反を起こして免許取り消し処分を受けた後、いわゆる「喪
明け」で再び免許が取得できる状態になった人や、更新を忘れて失効したと
いう人からは、教習所に通う時間とお金がもったいないと考えるものです。

一発試験を受けて合格すれば、技能試験の受験費用で済むので安く済ませる
ことができると考えるのも自然でしょう。

しかし、一発試験については根拠のない噂や都市伝説などが数多く広まって
いることもあって、かえって逆効果だったというケースも多いのです。

全てを否定するつもりはありませんが、玉石混交状態にあることは間違いの
ない事実です。

しかし、現実の運転では軽視したほうが安全運転になるという皮肉もあるの
ですが、「正確な法規走行」ができれば一発試験では確実に合格できます。

高速道路では最高速度80キロなどと表示されますが、80キロで走っていたら
後ろからの車に追突されかねないのが、悲しい事ではありますが現実です。

だからといって、技能試験で速度オーバーが許されるといったことは絶対に
ありません。

一発試験では、120項目以上の評価項目に基づいて、法規違反行為があれば
容赦なく減点していきます。

減点された点数が合格ラインを下回った時点で試験終了で、即不合格となる
わけですね。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ