【バスケットボール「アーリーオフェンス」マニュアル】現在の主流戦術をマスター!

earlyof

詳細はこちらをクリック

バスケットボールの戦術としては、大きく3種類に分類できます。

  • セットオフェンス
  • ファストブレイク
  • アーリーオフェンス

チームによって、攻撃回数を増やした方がいいのか、それともシュートの
成功率を高める方を重視するのか変わってきますので、一概に決める事は
できません。

しかし、現代のバスケットボールではアーリーオフェンスを採用している
チームが増えています。

その理由としてあげられるのは、速いパスワークでボールを繋ぎながら、
攻撃に有利な陣形をセットして、相手のディフェンスが整う前に攻めると
いう手法が簡単にマスターできるという点にあげられるでしょう。

しっかりとしたチームプレイが求められるファストブレイクと比べると、
マスターのしやすさでは雲泥の差と言ってもいいかもしれません。

アーリーオフェンス特有のスピード感があり、攻撃回数を増やしながらも
ディフェンスも確保できるという点が評価されているのです。

全体的に背の小さい選手が多いチームが、対照的に身長の高い選手を多数
擁するチームに勝つためにはアーリーオフェンスが必須だという人もいる
ぐらいですから、非常に優れた戦法だといえるでしょう。

それでは、アーリーオフェンスをマスターするためには、どのような練習
を行えばいいのでしょうか?

そこで、スポーツ・コーチング総合研究所の所長である倉田伸司さんが、
アーリーオフェンスをマスターするために必要な知識と練習法をDVD4枚
組の教材として公開しました。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ