【6つのエネルギー源】長期的なモチベーション維持法を7時間で習得!

6energy

詳細はこちらをクリック

三日坊主どころか、数時間で諦めていませんか?

そこまで極端なケースは少ないとしても、中長期にわたって目標を達成する
ために努力をし続けることは難しいものです。

しかし、目標に向かってモチベーションを維持し続けている人がいることも
事実
です。

どうして継続することができるのか、その理由がわかりますか?

人としての出来が違うなどといった、自分とは全く異次元の話として全否定
するのは自由ですが、実は仕組みさえ知ってしまえば、異次元の世界である
と思っていたことが現実的な話だったと理解できるかもしれません。

最近の脳科学や心理学などの科学的な研究によって、モチベーションを維持
するためには脳内酵素の分泌が不可欠
であることが明らかになりました。

「アドレナリン」といった言葉を聞いたことがあるかもしれません。

アドレナリンは心身ともに興奮状態にする脳内酵素ですからモチベーション
とは少し異なりますが、以前であれば適切な説明ができなかったことでも、
科学的な解説ができるようになったのです。

話を戻しますと、「エンドルフィン」という脳内麻薬が分泌されることで、
強い鎮痛・鎮静効果が得られる一方で、多幸感をもたらすという効果がある

ことが明らかになっています。

マラソンなどをしていると「ランナーズハイ」と呼ばれる現象が起こります
が、これがエンドルフィンが分泌されている状態の一例です。

なお、エンドルフィンが分泌されることで、体のかゆみが増進されるという
副作用もありますので、アトピーなどの人にとってはつらい状況になるかも
しれません。

このエンドルフィンですが、別名「脳内麻薬」と呼ばれるように、麻薬など
と同様に強い依存性があることが知られています。

つまり、エンドルフィンを分泌しなければ気が済まない状態になりやすいと
いうわけです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ