【ゴルフドライバーのエネルギー爆発理論】飛距離を伸ばすコツは7番アイアン

driver

詳細はこちらをクリック

もう少し飛距離が伸びれば楽にコースが回れるのにと思ったことは、誰しも
一度はあるかもしれません。

あと10ヤード遠くに飛ばせたら、次のショットが楽になるのにと、あなたも
悩んだ経験はありませんか?

そこで、国内最高峰のドラコンプレイヤーとして知られるプロゴルファーの
安楽拓也さんが開発したフットパワースイングが役立つかもしれません。

ドライバーで400ヤード以上を飛ばす実力を持つ安楽プロですが、その秘訣
体重と体幹を活かした、腕力に頼らない全身運動にあることは、あなたも
どこかで聞いたことがあるかもしれません。

もちろん、どこにボールが飛んでいくのか分からないような無茶なスイング
ではなく、きちんと狙ったところにボールを飛ばした上で飛距離が伸ばせる
というわけです。

そんなことができるのは安楽プロだけではないかと、疑問に感じた人もいる
かもしれませんが、結論から言えば、手順を知ってトレーニングを行うこと
で、伸びしろには個人差があるものの、誰でも飛距離を伸ばせるようになる

わけです。

そのドライバーなどの飛距離を伸ばすために行うトレーニングに用いるのが

「7番アイアン」

というわけです。

あまりの意外性に驚いたかもしれません。

その理由をPGAティーチングプロアワード最優秀賞を受賞した藤井誠プロは
アイアンとドライバーを同じ感覚で打つだけでなく、アイアンは無駄に振り
回せば振り回すほど、距離が落ちると解説します。

つまり、力任せにスイングをすると、ドライバーであれば飛距離が伸びるが
アイアンでは全くの逆効果になり、適切なスイングで飛距離を伸ばす練習と
しては、アイアンを使うのが最適だというわけです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ