【超雑談術「鈴木式」】口下手で雑談や会話が苦手で辛い状況から解放

zsuzuki

詳細はこちらをクリック

あなたは、雑談が苦手ですか?

研修や講演会などの集まりに参加して、開始前や休憩時間など、とりとめも
なく小集団に分かれて雑談に花が開く光景がみられますが、そのような時に
あなたは独りぼっちになっていることが多いのではありませんか?

一人だけ椅子に座ったりしているのも息苦しくて、ついつい会場の外で時間
つぶしをしているかもしれませんね。

また、初対面の人と出会って、所用を済ませて雑談をしている時などでも、
話題がなくなって沈黙がちになってしまったという経験が多いのではないで
しょうか?

その後、親しくなることもなく終わってしまったかもしれません。

このような現状を解消しようと思って、多くの人が行う「対策」にも多くの
間違いが隠されている
ことは意外に知られていません。

例えば、以下のような対策は、一般的に効果があると思われています。

  • 聞き上手になる
  • 日常的に会話のネタを集める
  • 会話をする回数を増やす

結論から言えば、逆効果になることばかりです。
かえって上達から遠のくだけだといってもいいでしょう。

東京麹町にカウンセリングルームを開設しているという心理カウンセラーの
鈴木雅幸さんによると、雑談に悩む人が抱いている雑談の「根本的な誤解」
を解いた上で「コツ」をつかむことが重要
だといいます。

よくある会話テクニックのように、雑談の「根本的な誤解」を全く無視して
小手先のコツばかりを身につけようとしても、そもそも間違った認識の上で
テクニックを駆使することになるわけですから、失敗するのは当然です。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ