【組島流ソフトボールキャッチャー育成パッケージ】守備力向上に不可欠な捕手育成

softcath

詳細はこちらをクリック

野球と同じように、ソフトボールにおいても、キャッチャーの重要性は何ら
変わりがありません。

しかし、キャッチャーに特化したトレーニングを行っているチームは少ない
のが実態で、日常的な練習としてはピッチャーの玉受けであったり、守備や
盗塁練習のカウンターとして活用される程度でしょう。

キャッチャーの指導法がよくわからないという指導者が多いのも問題ですが
野手や投手の経験しかない指導者が大半ですから、どうしても専門的な内容
までは踏み込めないというのが実情かもしれません。

そこで、ソフトボール上達練習法研究会(ソフ研)の加藤由香さんが、組島
千登美
さんにソフトボールキャッチャーの指導法・練習法をまとめた教材を
作成するように依頼しました。

組島千登美さんはソフトボールの元日本代表キャッチャーで、企業チームや
専門学校で、女子ソフトボール部の監督として指導を行っています。

キャッチャーがやるべきことは、多岐にわたると組島さんは言います。

「フェアグランド上の監督」という言葉があるように、キャッチャーという
ポジションは、肩の強さといった基本的な能力だけでなく、冷静で洞察力に
優れているだけでなく、瞬時に的確な判断が求められるのです。

だからこそ、野手経験の指導者がキャッチャーの指導法がわからないと匙を
投げるわけですが、組島流ソフトボールキャッチャー育成パッケージを活用
することで、順序良くステップアップすることが可能になります。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ